国の登録有形文化財・「洲崎灯台」(館山市)へ

「洲崎灯台」は、房総半島南西端に位置し、大正8年(1919)12月30日に竣工された灯台。高さ約15mで内部は一般公開されておりませんが、灯台下には展望台が設置され、天候が良ければ富士山や伊豆大島などが一望できます。国の登録有形文化財にも登録されています。

近くに有料駐車場が幾つかありますが、灯台へは階段を上る必要があります。(階段入口から数分程度。バリアフリーにはなっていません。)洲埼灯台は海抜約30mの地に建ち、その高さは14.75mだそうです。ちなみに内部は非公開。その脇にある展望台からの眺めは爽快でした。雲が多く霞みもあり、写真では分かりにくいですが、海の先には富士山や伊豆半島から三浦半島などをグルッと見渡せました。
洲埼灯台(館山市)
青い空と海に白亜の灯台は、見ていて気持ちが良いですね。国の登録有形文化財には平成27年(2015)3月26日に登録。この洲埼灯台と三浦半島の剱埼灯台を結んだ線の北側海域を広義に「東京湾」というのだそうです。こちらは南房総の海岸線の景色。
洲埼灯台(館山市)からの景色
こんな景色を堪能した後、灯台への階段の途中に「夕日が丘富士見台」と書かれた小さな看板があったので、そこへも寄ってみたところ、南から北西にかけての景色が一望できました。海の先に見えているのは伊豆大島です。
洲埼灯台(館山市)近くの富士見台からの景色
ここから見る夕日もきっと綺麗なんでしょうね。この場所からのダイヤモンド富士も狙ってはいるのですが、なかなかその機会に恵まれず・・^^; 夕日に限らず良い景色なので、またこの辺りに来た際は立寄ろうかと思います。

MEMO


スポンサーリンク